お気軽にお問い合わせください
03-3255-4730

神田にて夜間診療も行っております。
〒101-0047
千代田区内神田2-7-14
山手ビル3号館4F

各種保険適用/
自立支援医療制度
扱っています

地図
ネットで受付(初診のみ)
東京カウンセリング研究所
院長の部屋
荻本医院のブログ
東京カウンセリング研究所

 

「障害」という言葉について

小生がいま手にしているのは『精神保健福祉法詳解』(最新のものは三版ですが小生のは改訂第二版でやや古いのですが)で、第二編 第一章 第五条 定義、すなわち精神障害者の定義についての記述を読んでいます。… こうあります、「 …本条(つまり第五条です)における精神障害者の定義は、本法(つまりこの『精神保健福祉法』のことですでいう精神障害者の外縁を示しているものであり、個々の制度や条文の対象となる精神障害者の範囲は、その一部または全部であり、それぞれの制度や規定の趣旨によって、さらに要件が加わるものであることは当然である …」はっきりいってこれはミスティフィケーション以外のなにものでもありません。外縁(外延ではなく)とはいったい内なのか外なのか、集合論でいう閉集合なのか開集合なのか? 一部または全部であり … はあ … ?
しかしやはり法律である以上明示的言語でまとめられます。「 … 「疾患」と「障害」の用語の関係については、次のとおりである。
 本条による精神障害者の定義は、精神障害者を精神疾患を有する者(mentally disorderd)という医学的概念でとらえており、保健医療施策におけるとらえ方である。一方、障害者基本法第二条では、「この法律において「障害者」とは、身体障害、知的障害又は精神障害(以下「障害」と総称する。)があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう」とし、精神障害者を能力障害に着目した概念でとらえているが、この意味での精神障害者(mentally disabled)は、生活能力の障害やハンディキャップに着目して援助を行なうという福祉施策におけるとらえ方である … 」

 つまり、もし身体障害を医学的概念でとらえることができるとすると(そのような法律はないが)、かぜ症候群も身体障害であり、かぜ症候群に罹患したひとも身体障害者といえるわけです。
 因に、disabledとはやや失礼な言い方だと思います、英語ではdifferent-abledという婉曲な表現が定着していますから。

 DSMやICDでの「…障害」( … disorderの訳)は当然前者の意味となります。保健所などに提出する「障害」に関する書類もこのふたつの障害のどちらに関係しているのか担当の方に訊いてみた方がよいかもしれません。

 逆に言うと、混乱を招くこととなったのは、DSM, ICDにおけるdisorderを「障害」と訳してしまったからかもしれません。いずれにしても、訳語である日本語の漢字熟語はなにか堅苦しく取っつき難いものがあります。